リニューアルによってまさかの全自動となったパチンコ店。

パチンコパチスロを打つ上で重要なのは交換所の存在ですよね。交換以前に負けてしまうことも少なくないわけですが、それでも交換を全くしないということはそう多くありません。しかしこの交換所の存在が時として批判の対象になってしまうことがあります。パチンコパチスロは公的にはギャンブルという位置づけではなく、あくまでパチンコ店の側に偶然、古物商があるという三店方式において成り立っているにすぎません。
もちろん打ち手側としてこのことに対する問題提起などをするつもりはさらさらありませんが、それでもこれはちょっと不味いんじゃないのか、と思ってしまった交換所があります。近所の老舗パチンコ店のことですが、少し前にリニューアルともいえないような小規模な改修がありました。店の内部は全く変わっておらず、改修があったのはそう、交換所だったのです。実際に交換するまでは何とも思いませんでしたが、いざ交換してみると驚きました。交換所がまさかの、全自動システムになっていたのです。交換所利用者が装置の蓋を開けて特殊景品を入れ、ボタンを押すことでその分の現金が出てくるというシステムです。システム自体は簡略化された便利なものではありますが、三店方式の成り立ちを思うとこれはいいのかと戸惑ってしまいました。もちろん敢えてどこの店とは言いませんけれども。