最近でたちょいぱちについて

最近京楽の冬のソナタや大一のバカボンなどで大当たり確率40分の1のちょいぱちなる機種が出てきています。どうやらメーカーの組織で考えて一斉に出してきている機種なのですが、本当に必要なのか?と思ってしまいます。何分かに1度大当たりが見れる、ということが謳い文句らしいのですがどうも目的からそれているような気がします。遊戯者は大当たりを見たいことも片隅にはあるかも知れません。但し、大前提はパチンコユーザーの目的はパチンコで勝つことであり、200玉くらいを1回で払い出されても楽しむことはできません。またいくら低確率で機種をメーカーがリリースしてもホールは回す設定にはできず意味不明な存在になっていまいます。せめて気持ちいいくらい回る40分の1の機種なら気分よく勝ち負けを気にしないで遊戯できるかも知れません。しかし現状は回る機種が全くと言っていいほどなく、40分の1機種を出されても上皿の玉が大当たり後にすぐなくなるような状況です。